読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第14話 会計は男性が支払うもの

他の話を読む→note

妻と付き合う前に初めて2人で食事に行った時の話をしました。その時は私が会計を済ませました。

私:やっぱり男性が払ってくれたらうれしい?

妻:全ての女性に対して同じだったらいやだ。

私:あなた1人だけだったらうれしいってこと?

妻:うん。逆にどう思う?

私:特に2人だけの食事、気になる女性に対して、食事代は男性が持つべきだと思う。

妻:なんで男性が持つべきなの?

私:女性って、本当に綺麗でいるために、お金とか時間とかすごくかかってるんだよね?

例えば、男性が気付きにくい、時間をかけて直毛にするアイロンをしたりするのと、できる限り夜ごはんは炭水化物食べないって決めたりする

妻:なるほど。

私:あと、特に私外国人からすると、日本人女性のメイクって高度なんだ、まるで全然メイクしてないような、凄くナチュラルに見える化粧って相当手間掛かるよね。

妻:(笑)

私:男性は全然そういうところにお金と時間かけてないから、女性はその食事のために、凄くお金と時間も掛けてるので、男性として少し奢ってもいいと思うね。

妻:私以外の女性に奢ってる?

私:あとは、本当にあなたとしゃべってて楽しくて楽しくてしょうがないから、あなたに奢った!その時から気になったんだ。気になってない女性には簡単に奢らないよ!あなただけ!